安いだけではない

現在ではワックスに代わる床材の優れた保護手段として、急速にフロアコーティングは広がっています。それだけに多数の施工業者が現在存在しており、その中には施工技術が低いところや、施工価格が高い業者もあります。そういった問題のある業者を避けて、高い技術力を持った適正な価格で施工業者を選ぶために注意をしたい点もあります。 その1つが、価格の安さをPRして契約を取ろうとする業者です。施工価格に関しては、その内容が見合っていることが大事です。問題のある業者は安物のコーティング剤を使用している事があるので、見積内訳で注意をします。 また見積では施工面積から平米単価を割り出すことも忘れないように、注意をしたい点です。平米単価は、その業者の施工価格が適正か判断できる1つの要素だからです。

現在は新築や中古はもちろん、リノベーション住宅においてもフロアコーティングが大人気となっています。しかし他の人も導入しているからという理由で、フロアコーティングを施工せずに、どういった役割を果たし、どのようなメリットが得られるかを知っておいた方がより、住宅に合ったコーティング剤を選べ、満足のいく施工が行えます。 そのメリットとしては、まず傷や汚れがつきにくくなるという点があります。ワックスでも同様の効果が期待できます。フロアコーティングの場合は、その耐性がより強いため、ワックスよりも長期間様々な傷や汚れから床を守ってくれます。 また別のメリットに、長寿命のためメンテナンスが優れており、フローリングを美しさを引き立てることが出来るのも良い点です。また、フロアコーティング以外にも人気になっているのが防音工事です。住宅を建てる段階において防音対策のための工事を行なっておくと、隣人に迷惑がかからず、快適に過ごすことができます。防音工事を行なってくれる業者も数多くあるので、依頼してみるとよいでしょう。

騒音による破壊

集合住宅や住宅街には騒音が多く、中でも子供の鳴き声を不愉快に思う方が少なからずいます。これが不愉快に感じられる方は自身でも住宅の中や外に騒音対策をする必要があります。

この記事の続きを読む
大事なこと

住宅メンテナンスを行なうことは、住み続ける為に必要なことになります。ですから、定期的にメンテナンスを行なって長く住み続けられるようにしましょう。そうすれば、快適に暮らせるようになります。

この記事の続きを読む